加熱式タバコと電子ベイプの違いとは?

 

喫煙をやめたいけれどなかなかやめられない人は多いはずです。

 

そんな時に無理なく禁煙につなげることのできる便利な商品がスムースビップなどで知られる「電子ベイプ」です。

 

最近では加熱式タバコから電子ベイプに切り替える人が増えてきているのが現状です。

 

では実際にこの両者の違いにはどのようなものが挙げられるでしょうか。

 

フレーバーについての違い

電子ベイプは加熱式タバコに比べてフレーバーが多く、様々な味や香りを楽しむことができ続けやすいという利点があります。

 

豊富な種類の中から好みのフレーバーを選ぶことができ、それに飽きたら別のフレーバーを選ぶことで、味を楽しみながら飽きずに長く続けられます。

 

危険性の違い

また、電子ベイプは加熱式タバコと比べてガンなどの病気を発生させる危険性がありません

 

普通、煙草には一酸化炭素やタール、ニコチンといった有害物質が200種類以上も含まれていて、加熱式タバコでは一酸化炭素やタールは含まれていません。

 

しかし注目したいのはニコチンです。一見加熱式タバコも電子ベイプも同じもののような気がしてしまいますが、加熱式の方は煙草の葉を使用しており、これにはニコチンが含まれています。

 

ですが電子ベイプにはニコチンは含まれていません。体に悪影響を及ぼすニコチンが含まれているかいないかが大きな違いとなります。

 

健康被害についての違い

さらに電子タバコは受動喫煙による健康被害を妨げることができ、タバコを吸わない人の割合が多い今の社会で、周りの人に迷惑をかけないという違いがあります。

 

タバコを吸わない人が受動喫煙により健康被害を被るという話はよく聞かれ、タバコを吸わない人は吸う人を著しく嫌う傾向があります。

 

しかし電子ベイプならニコチンが含まれていないため、受動喫煙の被害を圧倒的に抑えることができるのです。

 

周りに迷惑をかけることなく、無理なく禁煙体制へ移行していくことができるので、マイペースに禁煙を進めていくには電子ベイプはオススメの商品と言えます。