電子タバコVAPEのメリット・デメリット

全席禁煙にするレストランやカフェが増え、喫煙者の数も減少しつつあります。

 

タバコは体に良くないと分かっていても落ち着く、吸いたくなる、そんな人にオススメなのが電子タバコです。

 

電子タバコの中で特に人気が上昇しているのが「VAPE」です。

 

リキッドを熱で蒸気にし、その蒸気を吸って楽しみます。

 

利用方法がめんどうなのではないかという声も多いようですが、意外と簡単です。

 

充電してリキッドをセットすれば良いのでそれほど手間はかかりません。

 

メリットは?

VAPEの最大のポイントはリキッド式であることです。

 

まるでアロマを吸っているかのように、タバコに比べて害が少ないと言われています。

 

フレーバーのバリエーションが豊富なことも魅力と言えるでしょう。

 

フルーツ系やスイーツ系などさまざまなものがあるので、その時の気分に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

 

初心者なら、メンソールタイプがオススメです。

 

デメリットは?

VAPEのデメリットをひとつあげるとしたら、メンテナンスが必要なことでしょうか。

 

定期的にリキッドを入れるタンクを洗浄しなければなりません。

 

最初は少しめんどうと思うかもしれませんが、慣れればそうでもありません。

 

どうしてもメンテナンスがめんどうという人は、カートリッジ式か使用したら廃棄できる使い捨てタイプを購入すると良いでしょう。

 

ほかの禁煙グッズと比較して経済的な負担が少ないこともVAPEのメリットと言えます。

 

リキッドの価格により差はありますが1ヶ月で約3,000円くらいです。