ニコチンなしの電子タバコで禁煙はできるの?

電子タバコを使っているという人も最近は多くなっています。

 

なぜなら、ニコチンなしの電子タバコを使えば禁煙できるかもしれあいというのがあるからです。

 

なので、最近は電子タバコでニコチンなしのものを吸っているという人も多くなっています。

 

(正確にはニコチンなしのものは電子VAPEと呼ばれるもので、アイコスやプリームテックなどは一般的に加熱式タバコと言います。)

 

ただ、実際に使ってみようと思った時に気になるのが、「本当にニコチンなしの電子タバコを使って禁煙ができるのか?」というのがあります。

 

確かにニコチンなしの電子タバコを使ってみると、本物の煙草とはキック感などの吸い心地や味などもかなり違っています。

 

なので初めて使った人の中には、本物の紙巻きタバコとは全く味が違っていて、これで禁煙はできないと思う人もいるのは確かです。

 

では実際にニコチンなしの電子タバコを使って禁煙ができないのかいうと、そういう事はないです。

 

確かに本物の煙草とは全然味が違うというのはあります。

 

ですが吸ってみると煙の量も多くて、見た目にはまるで本物のタバコを吸っている感覚に近いです。

 

なのでそれでタバコを吸っているような感覚になれるので、電子タバコを使って禁煙ができない事はないです。

 

いきなり禁煙は難しいという方も、最初は普通の煙草と併用しながら、少しずつ本数を減らしていったという方もいます。

 

ただ電子タバコにもデメリットはあります。

 

それは本物の煙草よりも費用が高くなってしまいやすいという点です。

 

といってもそこまで高くはなりませんが、最初に購入する本体の他に、リキッドやアトマイザーなどは消耗品なのでランニングコストもかかってしまいます。

 

アイコスやプルームテック、グローではアトマイザーは必要ありませんが、煙草自体の値段は値段となってしまうため、あまりお得感はありません。

 

なので電子タバコを吸っていれば健康に害はかなり少ないとは分かっていても、高いから使えないと思っている人も少なからずいます。

 

そういう事もあってニコチンなしの電子タバコを使っていない人もいますが、使っていれば禁煙も比較的容易にできます。

 

また、味も色々あって楽しめる上にこれで健康への害をあまり考えなくてもよくなるというメリットもあるので、個人的にはメリットの方が大きいと思います。