タバコをやめたいときに電子タバコは効果ある?

最近ではニコチンゼロ&タールゼロの電子タバコも世間に浸透し、街中などでも吸っている人を見かけている方も多いでしょう。

 

ヤニで歯が黄色くなってしまったり口臭を心配したり、嫌な匂いが服や髪に付着して取れないといった心配もないことから、むしろ女性の方に人気が高いイメージもありますね。

 

JTが煙草自体のCMではなく分煙など吸わない人へ向けたCMを放送する中、私も所有して気に入っている電子タバコのスムースビップは横山剣さんをイメージキャラクターに起用し、民放のCMでも放送されています。

 

これが普通の紙巻き煙草だったら今の世の中ではクレーム多発かもしれませんよね。

 

そんな電子タバコですが、ニコチンやタールがゼロで有害物質の発生を抑えるようになっているので健康へのリスクもほぼないのをきっかけに、タバコをやめたい方や普通の紙巻き煙草から乗り換える方が圧倒的に増えてきています。

 

しかし、身体に悪影響を与えないように出来ているものの、タバコをやめたいと思っている方の禁煙グッズとしては効果が期待できるのでしょうか

 

増税や健康などタバコをやめたい理由は人それぞれかと思いますが、ここではその効果について一緒に見ていきましょう。

 

電子タバコで得られる効果とは?

通常タバコを辞めたいといった場合は、ニコチンパッチやガムなどで吸いたいという衝動や欲求を抑えなければなりません。

 

しかし、電子タバコの場合はニコチンゼロ・タールゼロと一切入っていないので、吸いながらも実際はニコチンを摂取しないという形になります。

 

つまりニコチンを欲する症状は現れるものの、電子タバコを吸うことで食後の一服やストレスを感じた時などに、吸いたい衝動と欲求を抑える効果が得られるのです。

 

禁煙や減煙への効果はあるのか?

結論から言うとこれには個人差があり、タバコをやめたいと思ってはいても成功するケースと失敗するケースがあります。

 

成功例としては、口に何か加えてないと寂しいという気持ちから吸う場合に電子タバコでまかなう事が出来ます。

 

失敗するケースというのは完全にニコチン依存になってしまい、タールゼロ・ニコチンゼロの電子タバコでは満足出来なくなってしまう場合になります。

 

タバコをやめたいけどやめられない人は、少なからずニコチンに依存してしまっている場合が多いですね。

 

実際に英国の医薬品規制機関では、タバコをやめたい方の禁煙をサポートするものとして医薬品で認可されている実績もあります。

 

タールやニコチンが入っている普通の紙巻き煙草を吸うよりも健康へのリスクは低く、禁煙や減煙への効果が発揮されなくてもメリットは多いです。

 

是非タバコをやめたいと検討している方であれば、健康の為にも電子タバコを使ってみてはいかがでしょうか。

 

【スムースビップ】完全ガイド!口コミと使い方と価格情報満載!